イ・サン

韓国ドラマ イ・サン ウィキペディアより詳しいイ・サン 第22代朝鮮王正祖(チョンジョ) 歴代朝鮮王の中で最も魅力ある正祖を、韓国時代劇イ・サンを通じて考証していきます

*

王妃に金氏は禁忌?

      2014/02/13

スポンサードリンク

朝鮮王朝の歴史を見ると、王よりも中殿(チュンジョン:중전)のほうが多いことがわかります。

一番多いのは第9代成宗(ソンジョン)・第11代中宗(チュンジョン)・第19代粛宗(スクチョン)の各3人ですが、粛宗代では張禧嬪(チャン・ヒビン:장희빈)が中殿だったこともあるので、非公認記録では粛宗の4人が最高です。

イ・サンの正妻は孝懿王后(ヒョウィワンフ)金氏ですが、実は金氏というのは、朝鮮王朝の王妃としては禁忌でした。

なぜ避けられていたのか?

それは「五行」に由来します。

 

日本でも中国から「陰陽五行説」が流入していますよね!万物の根源は「木・火・土・金・水」からなるという思想です。

朝鮮王の姓は「李」です。文字を分解すると「木」と「子」ですね。方や金氏は「金」そのままです。

五行の考え方では「木」に対して「金」は「金剋木」という「相剋(そうこく)」で、「木」を打ち滅ぼすのが「金」と考えられています。木を倒したり削るのは金属製の斧や小刀なので、その関係性はよくわかると思います。

 

そのため、朝鮮王朝第13代までは金氏を中殿にすることはありませんでした

もっとも、第2代定宗(チョンジョン)だけは例外です。そもそも王位に上がる予定に無かった人ですし、実質的に第3代太宗(テジョン)の傀儡だったため、朝鮮中期までは金氏の王妃はいなかったと看做しても差し支えありません。

朝鮮中期になると、五行の概念も薄れてきたのでしょう。第14代宣祖(ソンジョン)のときに延安金氏(ヨンアンキムシ)が中殿になりますが、この時に起きたのが朝鮮王朝でも1・2を争う国難、いわゆる秀吉の朝鮮出兵・壬辰倭乱(イムジンウェラン:임진왜란)です。

朝鮮は王朝の終末まで、結局壬辰倭乱と、その後、清へ服属することとなった丙子胡乱(ピョンジャホラン:병자호란)とで、ある種の価値観や風習などが瓦解して行きました。

その後、金氏に絡まれた李氏は、ある意味死に体だったといっても過言ではありません。

 

特に、イ・サンの子・第23代 純祖(スンジョ)から第25代哲宗(チョルジョン)まで続く、(新)安東金氏(アンドンキムシ)による勢道政治により、完全に世界の進化から乖離し取り残されました。

スポンサードリンク

純祖(スンジョ)の治世は末期症状といってもいいぐらいに、反乱や天変地異が毎年のように起きました。一番有名なものでは洪景来(ホン・ギョンネ:홍경래)の乱ですが、他の王の治世に比べて圧倒的に多い8回の反乱があり、大火・疫病・コレラの流行・大水害がおき、死体が各地に転がっていたと記録されています。

純祖(スンジョ)の治世は1800年からはじまりますが、すでに天命が尽きたこのごろに、王朝が終焉を迎えていれば、現在とは違う半島の姿があったのかも知れません。

歴史にタラレバ無しですが(笑)

 

朝鮮王妃一覧抜粋

第2代  定宗(チョンジョン:정종) 1398-1401

  • 定安王后(チョンアンワンフ:정안왕후)  慶州金氏(キョンジュキムシ:경주 김씨)

第14代 宣祖(ソンジョン:선조) 1567-1608

  • 継妃:仁穆王后(インモクワンフ:인목왕후) 延安金氏(ヨンアンキムシ:연안 김씨)

第18代 顕宗(ヒョンジョン:현종) 1659-1674

  • 明聖王后(ミョンソンワンフ:명성왕후) 清風金氏(チョンプンキムシ: 청풍김씨)

第19代 粛宗(スクチョン:숙종) 1674-1720

  • 仁敬王后(インギョンワンフ:인경왕후) 光山金氏(クァンサンキムシ:광산 김씨 )
  • 第2継妃:仁元王后(インウォンワンフ:인원왕후) 慶州金氏(キョンジュキムシ:경주 김씨)

第21代 英祖(ヨンジョ:영조) 1724-1776

  • 継妃:貞純王后(チョンスンワンフ:정순왕후)  慶州金氏(キョンジュキムシ:경주 김씨)

第22代 正祖(チョンジョ:정조) 李祘(イ・サン:이산)1776-1800

  • 孝懿王后(ヒョウィワンフ:효의왕후)  清風金氏(チョンプンキムシ: 청풍김씨)

第23代 純祖(スンジョ:순조) 1800-1834

  • 純元王后(スンウォンワンフ:순원왕후)  (新)安東金氏(アンドンキムシ:안동김씨)

第24代 憲宗(ホンジョン:헌종) 1834-1849

  • 孝顕王后(ヒョヒョンワンフ:효현왕후) (新)安東金氏(アンドンキムシ:안동김씨)

第25代 哲宗(チョルジョン:철종) 1849-1863

  • 哲仁王后(チョリンワンフ:철인왕후)  (新)安東金氏(アンドンキムシ:안동김씨)

 

他の王妃も知りたい方は韓国歴史の朝鮮王妃一覧を御覧ください!

 

当ページの短縮URL  http://xn--eck8a6l4a.com/?p=201

スポンサードリンク


 - イ・サン考